おおすみグループ
Website Top
 
  おおすみ観光
Travel Dept.
   
  大隅タクシー
Taxi Dept.
   
  大隅オートサービス
Car Repair Dept.
   
  葬祭と仏壇のおおすみ
Funeral Dept.
   
  仏壇のおおすみ
Sales Dept.
   
  おおすみ歴史美術館
Museum
   
   
   
社長の見聞録

HOME      
 

お仏壇の知識


お仏壇とはなにか

 仏壇はもともと仏像を安置するための仏堂内の内陣にある高い基台を指します。
 飛鳥時代に仏教が伝来してから、日本では仏像を厨子の中に入れるようになり、治安や疾病の平癒を祈ると共に先祖の供養をするようになりました。
 『日本書紀』に天武天皇が「諸国の家毎に仏舎をつくりて、乃ち仏像および経を置き、礼拝供養せよ」というふれを出したとあります。
 これがわが国の仏壇の起源といわれています。

 日本最古の仏壇は、法隆寺にある玉虫の厨子で、飛鳥時代のものです。
 厨子が現在の仏壇の原型なのですが、在家に仏壇が普及しはじめるのは室町時代です。
 荘園制が崩壊し、農村が台頭してきたとき、浄土真宗の蓮如が農村を中心に在家主義をおしすすめました。
 そして江戸時代になって形も箱仏壇のようなものになり、一般庶民の生活にすっかり定着しました。
 古来から、日本人は生活の中に神仏に対するまつり事をおいてきました。
 仏壇や神棚を身近に置くことで、神仏、先祖への祈りと感謝を忘れないようにすると同時に、子供の情操を養う基盤ともしているのです。


■ お仏壇の種類

 お仏壇は材質によって、石壇・土壇・木壇に分けられ、形態によって、方壇・八角壇・円壇などに分けられます。
 日本では石壇・土壇・木壇が平行して採りいれられましたが、中世以降は仏堂内を板張りにする木壇が多くなり、形式も須弥壇が主流となりました。
 仏教では世界でもっとも高い位置を山にたとえ須弥山と呼び、これを形どったものが須弥壇です。

 現在は板に金箔を押した金仏壇と、木目を生かした唐木仏壇に大きく分けられます。
 金仏壇には杉や松、ひのきを使い、うるし塗り金箔押しを施します。
 唐木仏壇は厳選された黒檀や紫檀でつくられ、ひかに桜やけやき、桑などの木材が使用されます。
 お仏壇は本来金仏壇で、唐木仏壇は明治以降に作られたものですが、宗派によってどちらかでなければいけないということはありません。
 お仏壇は寺の内陣と同じく浄土を表したものですから、金仏壇も唐仏壇も最高の材料を使っているのです。


お仏壇の手入れ

 ・金箔部分

 一番注意しなければならないのは、直接手でさわらないことです。
 指紋がこびりついたりしたあとをこすると、はげてしまうことがあるからです。
 ですから、軽い手バタキなどでホコリをはらうのですが、毛はたきも長く使っていると芯のところがあたり、キズの原因になりますので速目に取り替えるようにしてください。
 また、毛が彫刻にひっかかると細工が破損しますので注意が必要です。細かな複雑な部分は、毛バタキでなく習字用の筆ではらいます。


 ・うるし塗り部分


 うるし塗りの部分には特にキズがつきやすいので、柔らかい植物性繊維の布で空拭きします。
 シリコンクロスが最適なのですが、ガーゼか綿布でも結構です。
 うるしは水気に弱いので、花瓶などは乾いた布でよく拭いてから置くようにします。
 また、雨が続いた時や梅雨期などには、天気がよくなれば窓を開いて、部屋に風を通すなどします。そのとき直射日光をあてたりしないようにしてください。
 供え物のにおいが仏壇の中にこもると、ネズミの被害を受けることもありますので注意してください。
 なお、本尊や位牌を掃除するときは、いつもその前後に合掌礼拝を忘れないでください。


 
  お問い合わせ